よく行われている避妊法は男性主導のものばかりです。もちろん完璧とは言えず失敗する事例も多くあります。今回紹介するアイピルは、避妊に失敗しても早めに服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。こちらではそんなアイピルの特徴について解説します。

アイピルを買おうとしている高校生とピルについて解説する女医

アイピルと不仲と無料について

もしも性交渉に失敗があった時には、相手を責めるのは後回しにして、すぐに婦人科へ出向いて、アイピルを処方してもらいましょう。お互いに言い合いをして不仲になるのではなく、どうしたら対処できるかを感がえて行動をするべきです。アイピルも無料ではありませんので、パートナーと一緒に病院へ行き、お薬代を支払ってもらうなどの誠意を見せてもらってもいでしょう。アイピルはとにかく時間が勝負なので、早く服用をできるように、病院へと急ぐことです。

ピルを飲むことでホルモンの量が増えて、妊娠をしている時期と同じような状態になって、避妊効果につながります。女性ホルモンと似ている働きとして、大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンは構造が似ていても、避妊の効果はありませ。しかし大豆イソフラボンには、あらゆる女性にとってメリットのある効果があります。

大豆イソフラボンはいつも日本人が食べてる食材に、多く含まれているのは、大豆食品に入っている成分だからです。伝統的な和食国は、惜しみなく大豆が使われています。白いご飯のお供には、ネバネバの納豆が好相性ですし、白いご飯にお味噌汁はベストカップルのようなコンビネーションです。納豆も味噌も、いずれも出身は大豆であり、たっぷりの大豆イソフラボンです。

味噌汁の具材や、そのままシンプルに、鰹節と消臭でいただく豆腐であったり、和食の味付けの王道である醤油にも、大豆は使われています。そのまま焼いて醤油をたらしても美味しい油揚げも、煮物にしても箸が進む厚揚げも、いずれも大豆から出来ています。

大豆イソフラボンを栄養としてとり入れると、女性のお肌は若くてみずみずしい状態に変わるので、とても嬉しいものです。