よく行われている避妊法は男性主導のものばかりです。もちろん完璧とは言えず失敗する事例も多くあります。今回紹介するアイピルは、避妊に失敗しても早めに服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。こちらではそんなアイピルの特徴について解説します。

アイピルを買おうとしている高校生とピルについて解説する女医

アイピルと他の薬の飲み合わせについて

妊娠は女性にとっては大きなリスクともなります。計画的な妊娠ならともかく、望まない妊娠をしてしまうと身体だけでなく、その後の人生にも悪い影響がでてしまいかねません。
そのような事態にならないようにするための薬がアイピルです。
アイピルはいわゆる緊急避妊薬で、コンドームが破けるなど避妊に失敗したときやレイプ被害にあった時などに用いられる薬です。
アイピルは排卵を止めたり、受精卵の子宮内膜への着床を防ぐことで避妊効果を得ます。その効果は高く、性行為から24時間以内に服用すれば95%以上、72時間以内であれば75%の確率で妊娠を防ぐことができるとされています。
ただし女性の身体への負担はかなり大きくなりますので、やはりこの薬は緊急避難的な目的で使うものであり、むやみやたらに飲み続けていいものではありません。
またアイピルはほかの薬と併用することで避妊効果が下がってしまうこともあります。
例えば結核の症状に使われている薬や、てんかんの治療に用いられている薬は、アイピルと併用すると避妊効果が薄れてしまいます。
さらにアイピルを服用することで身体に大きな影響が出る場合もあります。
特に肝機能障害を患っている人や妊娠中の人はこの薬は禁忌となっています。
心臓や腎臓に持病を抱えている人もアイピルの使用には注意が必要です。
最近はアイピルもインターネットを通じて簡単に購入できるようになりました。
万が一の事態に備えて常備しておくこと自体は全く問題ありませんが、上記に記したように、ほかの薬と併用したり、何らかの持病を抱えていることで状態が悪化してしまうリスクも存在します。
ですからまずは医療機関を受診して、医師の説明をしっかりと受けてから利用を始めたほうがいいでしょう。