よく行われている避妊法は男性主導のものばかりです。もちろん完璧とは言えず失敗する事例も多くあります。今回紹介するアイピルは、避妊に失敗しても早めに服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。こちらではそんなアイピルの特徴について解説します。

アイピルを買おうとしている高校生とピルについて解説する女医

アイピルの臭いが気になる女子は

女子にとって妊娠というのは非常に重大な問題であり、妊娠を望んでいないのにできてしまうというのは人生を大きく変えてしまう恐れのあるだけの出来事だけに避妊は徹底しなければなりません。
それでもどれだけ避妊に気をつけていたとしても性行為をすれば妊娠をしてしまうおそれがあるものであり、妊娠をしたくないのであれば性行為をしなければ良いだけの話です。
しかし、性行為というのは男女の大事なスキンシップでもありますから妊娠のおそれがあるからといってしないというのもつまらないものですから、二重三重の避妊をするというのが現実的な方法となります。

ピルを服用しないのであれば、避妊は男性任せとなりますが男性に任せる避妊は失敗率も高いので、万が一失敗をしてしまった時のことを考えてアイピルを用意しておくと安心です。
アイピルはモーニングアフターピルと呼ばれるものであり、性行為の後から避妊をすることができる薬です。
アイピルの場合に72時間までは高い効果が有るものとなっていて、特に24時間以内であれば95パーセント程の避妊率を誇っているので万が一の失敗の時に役に立ちます。

海外の薬であるため臭いが気になる人もいるかも知れませんが、飲んでしまえば気になるようなことはありませんし、妊娠をしてしまうかもしれない状況であれば臭いが気になる等と言っていられる状況ではありませんから、すぐに服用をするようにしましょう。
アイピルは一般的なドラッグストア等では購入をすることができず、海外からの取り寄せとなるので時間がかかりますから事前に用意しておく必要があります。
避妊に失敗をしてから取り寄せるのでは間に合わないので、あらかじめ用意をしておきましょう。