よく行われている避妊法は男性主導のものばかりです。もちろん完璧とは言えず失敗する事例も多くあります。今回紹介するアイピルは、避妊に失敗しても早めに服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。こちらではそんなアイピルの特徴について解説します。

アイピルを買おうとしている高校生とピルについて解説する女医

アイピルは危険性は少ないが頭痛になることも

アイピルは避妊をしなかったあるいは避妊に失敗をしてしまった24時間以内に服用をすると、95パーセントの確率で避妊をすることができる緊急避妊薬です。
72時間までであれば有効な効果が見込めるとされ、120時間以内であれば効果はかなり落ちてしまうもののそれでもある程度の避妊効果が望めるものとなっているので性行為後に避妊をしたいという時に役に立ちます。

アイピルというのは非常に体に負担のかかる薬で、危険性は少ないものの重い副作用が出る可能性のある薬であるため理解をしておく必要があります。
副作用には激しい吐き気がしたり頭痛がするといったものがあるため、アイピルを服用することによって体調不良になる可能性があるということを覚えておかなければ服用する場所によっては身動きが取れなくなってしまう恐れもあるので覚えておきましょう。
できるだけ早めに服用をすることが望ましいものですら、場所を問わずに使ったほうが良いのですが体調が悪くなって身動きが取れなくなってしまうと困るような場所であれば、多少の時間はかかっても安全な場所に移ってから服用をしたほうが良いと考えられます。
通常であれば日本にいれば、どこに行くにしても24時間以内に移動をすることができるものですから早い段階で安静にできる場所を見つけて、そこで服用をするというのが安心です。

アイピルは性行為後であっても妊娠を避けることができる非常に便利な薬ではありますが、あくまでも緊急用途を前提とされた薬であるのでアイピルがあるから避妊をしなくても大丈夫という考えは避けなければなりません。
薬は使い方を誤ると重大な健康被害が起きることもあるので、アイピルもあくまでも緊急用だということを理解して使いましょう。