東京の保育士について

最近の日本の産業においては非常に苦しい状況が続いており、夫婦共働きで稼いでいる世帯がどんどんと増えてきました。そのようななかで、東京都では夫婦共働きのファミリー世帯が非常に多くなっているため、より多くの家族においては子どもを保育所にあずけようという動きが活発になってきています。しかし東京都ではあずけたい子どもの数に比べて保育士の数と保育所の数が足りていない状況にありますので、多くのファミリー世帯においては自分の子どもをあずけることができない状況になっており、待機児童がどんどんと増えているのが課題となっています。このような状況のなかで、東京都においては保育士不足を解消するために、保育士資格取得に向けた規制を緩和することにしており、幼稚園教員免許を持っている人にとっては、資格取得に向けては授業の数を減らしたり、さらには、カリキュラムも少なくするなどして、資格取得のハードルを下げるようにしています。

もともと幼稚園で働いていた人にとっては保育士における業務についても共通する部分もあるため、このようにカリキュラムが減少したとしても共通する知識は同じになってくるため、資格取得に向けた無駄な時間を省くことができ、非常に負担を減らす効果があります。さらには、現在の保育士に関しての待遇についても、労働条件や業務量にあった適正な賃金報酬に見直していこうとする動きもあり、今後は改善の方向に向かっていこうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です