東京の保育士事情について

東京は日本の中心にふさわしい、大変多くの企業が本社や支社を置く街で、中央官庁、国会などが集中しています。また、そこで働く人たちが住む街があることもあり、東京には1200万人もの人たちが住んでいます。東京は23区にももちろん住んでいる人が多いものの、店や企業が集中しているという認識だと思います。しかし、一方で西の方に目を向けると、他の自治体と変わらない、普通の街が広がっています。

特に多摩地区の方はほとんど田舎に近い雰囲気です。そのため、子育て世代も大変多く住んでいるのですが、そこで問題となってくるのが、待機児童の問題です。東京といえでも他の自治体と同様に、保育園不足、保育士不足が大きな問題となっています。保育士の求人は常に出ている状態ですが、それは保育園に勤める保育士の勤続年数が短いからです。

保育士の平均給与は非常に低く、男性も女性も一生の仕事にしていくには十分な収入とは言えません。また、大事な子どもを預かる仕事ということで、そのプレッシャーも他の仕事と比較して、決して軽いものではありません。そのため、なり手も多くありませんでしたが、政府が保育士の待遇改善の方針を打ち出したことで、これからは安心して働けるような制度が続々とできるはずですし、できなければ待機児童の問題が解消されることはないでしょう。保育園間の人材獲得競争も、保育園が増えればその分、激しくなるはずです。

自分にあった職場をぜひ見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です