ベビーシッターとして開業するには

ベビーシッターの国家資格などは存在せず、登録や認可も不要なので、開業だけであれば誰でもできます。個人開業もしやすいですが、何の伝もない状態でベビーシッターを始めたとしても、利用者は現れない可能性が高いです。大切な我が子を預けるという親たちにとって、預ける相手が本当に信頼して良い相手かどうかは不安なものです。なので、全くの未経験者では経営は成功しないでしょう。

なので、まずは保育の施設に勤めて集団保育を覚えてみるといいでしょう。保育士のサポート仕事であれば、保育士資格がなくても出来るものもあります。一番確実なのは、保育士や幼稚園教諭として勤めてから独立開業の形でベビーシッターを始める方法です。これならば個人で行っても信頼されやすいでしょう。

また、自分が中心となって他のベビーシッターを集めて仕事ができる可能性もあります。また、スキルアップだけではなく、万が一のトラブルに備えておくことも大切です。シッター中に預かっている子どもにケガをさせてしまった場合、保険に加入していないとすべて自己負担になる可能性があります。保険会社を利用してもいいですが、公益社団法人全国保育サービス協会という協会に加入していれば、協会の保険制度を利用することができるので加入しておいたほうが安心です。

きちんと審査を受けて加入していることが、ちゃんとしたシッターというイメージにつながり、利用者が集まりやすくなる可能性もあります。茅ヶ崎のシッターのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です