ベビーシッターを雇ってプライベートを充実させよう

ベビーシッターと聞くと、アメリカなど海外でよく雇われている印象を持つ方も多いのではないでしょうか。特にアメリカは男女平等に働く傾向があり、結婚後も女性は仕事を持ち続け、夫婦共働きが珍しくありません。しかし同時にプライベートをしっかり充実させる傾向もあり、ベビーシッターを雇って、夫婦で映画やディナーに出かけることも多いです。それが夫婦が仲良くやっている秘訣だとされています。

もしご自身が共働きでパートナーと過ごす時間が少ない、または育児で趣味などを楽しむ余裕がないと感じたら、日本でも広まっているベビーシッターを雇ってみてはどうでしょうか。しかし海外のように高校生に任せるのは心配、という方も安心です。日本では保母など育児が任せられる安心の資格を所有し、きちんと会社に所属しているベビーシッターがほとんどです。最近は景気の傾向で日本も共働きが多いため、こういったサービスを利用し始めている夫婦も少なくありません。

疲労やストレスを抱えたまま育児をするのは、子供にとっても良くありません。パートナーにあたってしまったり、集中力も欠けて思わぬミスも招いてしまいます。親といえど人間ですから、時々趣味に打ち込んだり、カフェでのんびりリラックスする時間も大切です。もちろん話しやすさなど親とベビーシッターとの相性もあるので、まずは短期から雇ってみてはどうでしょうか。

友人のように気楽に話せる方と巡り会うまで探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です