ベビーシッターは誰でもなれるのか

ベビーシッターになるには、特別な資格は必要ではありません。保育士や幼稚園の先生と違って、専門学校や大学などを出ていなくても、自称ベビーシッターとして仕事をすることが可能です。ただし、何も資格を持っていない相手にベビーシッターを任せたいと思えるほど、世の中は平和ではありません。「自分の子に万が一何かあったら」と保護者は常に不安を抱えています。

なので、信頼して利用してもらえるベビーシッターになるためには、保育士の資格や幼稚園教諭の資格を取得していたり、民間資格の民間ベビーシッター資格を取得しておいたほうがいいでしょう。これならば就職先を見つけやすいですし、フリーランスでもお客さんを集めやすくなります。優遇されやすい人として、看護師資格を持っている人が挙げられます。万が一病気になったときに、的確な対応ができるということで重宝されます。

求められるスキルとしては、子どもが好きなことは前提です。さらに子どもを預かることに対して責任を持つことができることが重要です。シッターは様々な子どもを預かることになるので、柔軟に対応できる性格の人が適任です。明るさや優しさを持っていて、保護者からも親しまれる性格の人だと続けやすいでしょう。

最近では都市部ではニーズが高まっています。女性の社会進出に伴い、子どもを預けたいというニーズが増えているからです。なので都市部では仕事が見つけやすいですが、地方では見つけにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です