ベビーシッターを頼むときの注意点

ベビーシッターとは、親に代わって赤ちゃんのお世話をする人のことを言います。昨今では少子化と言われながらも保育所不足が問題になっており、母親が働いていても保育園に入ることのできない子供も多いためベビーシッターを事業として営む企業や人も増えています。では、ベビーシッターを依頼する際にどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。まず、保育士と異なる点として、保育士は国家試験に合格することが必要ですが、ベビーシッターには公的な資格は存在しないため、なろうと思えば誰でもなることができます。

そのため、中には金銭目的で保育の経験や知識がない人が赤ちゃんのお世話をすることもあるため、預ける方もしっかりと相手を見極めないといけません。では、どのように見極めると安心かというと、まず保育士の資格を持っている場合、また国家試験ではありませんが認定ベビーシッター資格というものがあり、これは公益社団法人全国保育サービス協会が必要な技術と知識を持ち合わせていると認定している資格です。これらの資格保有者であること、そして市区町村や公益社団法人全国保育サービス協会などのリストに載っているかという点も安心の目安になります。インターネット上で値段だけを見て安いからと契約するのは危険です。

まずは契約前に一度見学をして、実際に保育環境や実際に保育をする人と面談してその目で様子を見ておくことが大切です。また、資格がある場合はその認定証も提示してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です